保険用語今更聞けない用語集

は記事一覧

引き受け(ひきうけ)

保険の加入を申し込んだとき、保険会社が「いいですよ」と言うこと、これを 引き受け(ひきうけ)と言います。保険は「相互扶助」の精神で運営されているため、保険会社側が定める「一定のリスク」がある、と判断されるといくらわたしたちが「加入したいです」と申し込みをしてもお断りされることがあります。一定のリスク...

≫続きを読む

 

約款(やっかん)、保険約款(ほけんやっかん)

保険約款(ほけんやっかん)とは、保険会社と保険契約者(お客)との間で結ぶもので、保険の契約に関する権利や義務・条件が細かい字でビッシリ記載された読む気のしない書類(笑)のことをいいます。ちなみに「約款」と「契約書」の違いですが、どちらも保険用語ではなく法律関係の用語です。約款は定型のとりきめが書いて...

≫続きを読む

 

保険の更新(ほけんのこうしん)

定期保険を契約していると、満期になったときに「保険更新のご案内」というのが届きます。例えば、30歳のときに「10年満期」の保険に加入していたら、40さいのときに保険会社から「保険の更新時期が近付いてまいりました。お手続きをどうされますか?」というようなお知らせが届く、ということです。このときに「はて...

≫続きを読む

 

払い済み保険

払い済み保険(はらいずみ保険)は、2通りの使い方をされます。ひとつは、「終身払いにしますか?それとも60歳払い済みにしますか?」と、保険の支払い方法を検討しているときに聞かれます。もうひとつは「今までお支払いいただいている死亡保険を払い済みにして、いったん整理しませんか」と、今まで加入していた保険を...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ