FXの信頼性

がん保険に入っていても保険金の出るガンと出ないガンがある。

上皮内新生物と悪性新生物。がん保険に入っているのに保険金がでるのはこの二つなのだ。
ガンなのに、保険金でないの・・・?

がんと診断されたら〇〇円。

ガンと診断されたら100万円、よくCMで言ってますよね。

だけど、加入しているガン保険の種類のよっては
保険金の出るガンと出ないガンがあります。

いわゆる「ガン」というのには2種類あって

上皮の中にとどまってまだ他の部分に浸潤しておらず転移の可能性がほぼない初期のガン
上皮内新生物、上皮内ガン)と

上皮を越えて浸潤しており、転移の可能性がある悪性新生物(ガン)があります。

 

悪性新生物は保険金(いわゆる診断金・一時金)がでますが

上皮内新生物は

保険金が出る保険と出ない保険、保険金が減額される保険があります。

 

アフラックのがん保険とオリックスのがん保険ビリーブをチェックしてみよう

具体的に見てみましょう。(2015年5月の情報です)

 

人気のがん保険、アフラックの「生きるためのがん保険Days(デイズ)」は、
初めてガンと診断されたときにだけ、診断一時金の出る保険 です。

診断一時金は がんの場合100万円、上皮内新生物の場合10万円です。

一時金は、はじめての時だけ受け取れるので、再発のときに一時金の支払いはナシ です。

(再発ガンのときも一時金を受け取りたければ特約をつけます)

 

オリックス生命のがん保険ビリーブ は 上皮内新生物 も 悪性新生物も同じ取扱いです。

診断一時金は初回のみ100万円、
その後入院する場合は50万円が出ます。

入院時に支払われる一時金(50万円)は、何度でも支払われます。
(再発でもOK)

 

※47歳男性の場合

アフラック Days オリックス生命 Believe
入院日額 10,000円 10,000円
がんと初めて診断されたら がんの場合100万円
上皮内新生物の場合10万円
どちらでも100万円
再発ガンへの一時金 なし 2年あいていれば50万円
(何回でも)
入院と手術の給付金 入院:1日1万円 手術:1回20万円 放射線:1回20万円 入院:1日1万円 通院:1日1万円 手術:1回20万円 放射線:1回20万円
通院給付金 通院:1日1万円 なし
保険料 5,720円 4,690円

 

ちなみに、この表だとわかりにくいのですが、
アフラックのガン保険で、再発ガンの保障も必要だったら特約でつけることができるし、

オリックスのガン保険で通院給付金も必要だったら特約でつけることができるんです。

 

(値段はかわってきます)

 

インターネットでのシュミレーションには限界がある

何があったら、自分は安心できるかを考えて保険を選ぶのは基本ですが
よっぽど保険に詳しいケースをのぞいて

自分自身だけで保険のシュミレーションをするには限界があります

アフラックのガン保険とオリックスのガン保険の2つを比べただけでも

など、素朴が疑問が次々わいてきます。

ある程度調べて、質問項目がハッキリわかったら
一度保険のプロの意見を聞いてみるのが早いです。

その際のポイントは、こんな感じ。

 

よく、保険相談の口コミを見ると

〇〇は質の高いFPだけをそろえている

とか、

〇〇のFPは◆◆の資格を取得している人だけである

なんてのを見かけますが、

こればっかりはヒトとヒトとのことだから、

どんな資格をもっていても、
自分と相性 が あわなければ 話になりません。。

 

幸いなことに
保険の選び方も様変わりしてきており、

契約を迫られることもないですし、
安心して任せられるFPさんに出会えるまで何度かトライすることもできるようになりました。

保険は高~~い買い物の上に、
FPさんとは長~~~~いつきあいになりますから

自分で納得した人から買う、というのが鉄則 ですよね。

 

 

無料相談の上に謝礼(和牛セット)もくれる、 全国対応のFP派遣サービス みんなの生命保険アドバイザー
保険見直し本舗や保険の窓口など、
近所の保険ショップをまとめて検索

FP派遣の老舗、保険マンモス
こちらも全国対応
保険マンモス

目次