FXの信頼性

女性向け医療保険はおトクか?!

女性向け保険(メットライフアリコ やさしく備える医療保険[女性専用])で考える、保険のレディスセットはおいしいかと思ったら、そうでもなかった・・・
レディス保険はサービス満点?

女性向け保険って、レディースプラン的な感じでおトクなの?

旅行にしろランチにしろ、女性限定のプランって、だいたいおトクですよね。

てなわけで、女性向け医療保険は おトクなイメージがとってもあります。

しか~~し!!

某サイトで女性向け医療保険第一位になっていた、
メットライフアリコ やさしく備える医療保険[女性専用] をチェックしてみたところ・・・

 

やさしく備える医療保険[女性専用] やさしく備える医療保険
入院給付金日額 5,000円
ただし、女性特有の病気(※)だった場合は+5,000円
5,000円
手術給付金 1回につき100,000円
ただし女性特有の病気(※)だった場合は+100,000円
1回につき100,000円
保険料 F7プラン(40歳女性)
2,387円
Eプラン(40歳女性)
2,037円

※女性特有の病気とは:乳ガン、卵巣ガン、子宮ガン、卵巣の良性新生物、卵巣機能障害、子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠の合併症、流産、分娩の合併症、多胎分娩、関節リウマチ、腎不全など

 

レストランのランチも、ホテルプランも「レディース」とつくといいことがいっぱいあるので、保険もそうなんじゃないだろか?!と期待したのですが

女性向け保険って、特におトクなわけじゃないのでは?

 

女性特有の疾病に手厚いが保険料も高い

女性向け、というものの、あれもこれもついているわけではなくて

女性特有の疾病だった場合は入院給付金に上乗せ+手術給付金に上乗せ

という内容です。

 

しかも、ついてくる分の保険料は上乗せされています(+350円です)。

 

なんのことはない、保障を増やした分、保険料も増えているんです。

 

女性特有の疾病は、特に備えておくべきものなんでしょうか

 

女性特有の疾病は、「乳ガン、卵巣ガン、子宮ガン、卵巣の良性新生物、卵巣機能障害、子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠の合併症、流産、分娩の合併症、多胎分娩、関節リウマチ、腎不全」 などです。

ガンはともかく・・・

妊娠関係の疾病(妊娠の合併症・流産・分娩の合併症・多胎分娩)は、
何人子どもを産むかにもよるけれど、人生に何度もおこることではないし、

もう産み終わった人には必要ない保障。

 

ガンに備えるならガン保険(か、ガン特約をつける)ほうがいいしなぁ。。。

レディースプランを名乗るわりには・・・

男性には男性特有の疾病があるのに、男性専用の保険がないところをみると・・・

女子って レディースプラン っていうととびつくだろ?!

みたいなのを感じちゃうんですが、
ひねくれすぎですかね・・・?

パンフレットの雰囲気に惑わされるなかれ・・・

保険はイメージで買うもんじゃないですよ。

きちんと自分に必要な保障を、必要な量だけ買わないと、思うツボです。

 

保険無料相談は 無料 だし、契約をする必要はない ので、

しっかり情報を収集してから契約しましょう!!

 

無料相談の上に謝礼(和牛セット)もくれる、 全国対応のFP派遣サービス みんなの生命保険アドバイザー
保険見直し本舗や保険の窓口など、
近所の保険ショップをまとめて検索

FP派遣の老舗、保険マンモス
こちらも全国対応
保険マンモス

目次