FXの信頼性

ネット保険に入る?入らない?

ネットでサクッと保険に入るのっておトク?それともキケン?
日本人は保険好き

ネットでサクッと保険に加入するのはキケン

ネットで保険に加入することができますよね。最近CMで耳にする「ライフネット生命」なんかはネットに特化していて対面相談ができないくらいです。

でも、他社と比較検討しないでなんとなく入るほど保険は安い買い物ではありません。

ネットで入る生保の代表として、ライフネット生命がありますが、ライフネット生命の10年定期保険とオリックスのネット専用保険ファインセーブの価格を比べてみます。

※40歳男性が10年定期の1000万円の死亡保障に加入したとします。

ライフネット生命
じぶんへの保険
オリックス生命
ファインセーブ
毎月支払う額 2,580円 2,414円
50歳までに支払う額 309,600円 289,680円

 

結構支払ますね。それに値段に10万円程度の違いがありますね。

2013年8月~9月、医療保険の新商品が発売されました。

少々話題は変わりますが、2013年8月に、アフラックから新しい医療保険、「ちゃんと応える医療保険EVER」が発売されました。「もっとたよれる医療保険新EVER」の後継です。

また、9月には、オリックス生命から 医療保険新CUREが発売されました。

この二つの保険が販売されたことにより、旧商品は販売停止になります。

 

そして新しい商品は、どれも前の商品よりも有利な点があります。

5日以内の入院は一律五日分を支給(EVER)七大生活習慣病だと入院日数が無制限になる(新CURE)とかです。

 

知っていたら新しいほうに入るのに!!

 

タイミングが合わずに旧商品に加入してしまったら損ですよ。

また今回は新しい商品のほうがおトクなこともありますが逆に、旧商品のほうが有利な場合もあります。

2世代前のEVERだとレーシックの手術にも給付金が出ました(新EVER以降ではダメです)。

最新の情報はネットよりも現場の営業さんが知っている

こういう情報というのは、ネットで手に入れるよりも現場の営業さんのほうがよく知っています。

だから、ネットでサクッと加入するのはキケンなのです。

きちんと下調べをし、確信を持ってから加入するべきですが、この下調べを独学でするというのは時間も労力もかかります。だから、ここはひとつ、

保険の情報を収集するつもりで無料相談を活用する

コレがおすすめです。

 

10年の定期保険だって10年間支払うとウン十万になるのです。

月額で考えていては損をしますよね。

無料相談の上に商品券もくれる、 全国対応のFP派遣サービス みんなの生命保険アドバイザー
SBIグループのFP派遣サービス
あなたのFPでは5000円分を全員に
あなたのFP 5000円プレゼント

FP派遣の老舗、保険マンモス
こちらも全国対応
保険マンモス
保険見直し本舗や保険の窓口など、
近所の保険ショップをまとめて検索

 

 

目次